ESSAY

ごあいさつ

たちが毎日使っているお金。毎日手にしているお金。毎日稼いだり貯めたりしているお金。時にしあわせに、またある時には悩まされたりするお金。

お金とは一体何でしょう。みなさまは、そう聞かれて、その答えを、ぱっと答えることができるでしょうか? その答えは無限にあるかもしれません。

しかし、ひとつ言えることは、お金とは、私たちの毎日に欠かせない大切なもの。私たちの欲求と欲望と深く関わるもの。また、その関係によっては、長い人生を心強く支え、安らぎのあるしあわせへと導いてくれるものであるには違いありません。

そんなふうに、必要不可欠で大切なお金であるにもかかわらず、そのお金とは一体何なのか。そのお金とどう向き合っていくべきなのか、そのお金とどう触れ合っていくべきなのか。そのお金をどう使っていったらよいのか。

お金と仲良くなる。これは私の信念のひとつです。

今日からでも、お金で困ったり、悩んだり、迷ったりしないように。

みなさまと共に「おかねのきほん」を学んでいこうと思います。

 

松浦弥太郎

 

PROFILE

松浦 弥太郎/Yataro Matsuura
2006年から「暮しの手帖」編集長を9年間務め、2015年4月、クックパッド(株)に入社。同年7月に新メディア「くらしのきほん」を立ち上げ、編集長を務める。現在は(株)おいしい健康・共同CEOに就任。
「正直、親切、笑顔、今日もていねいに」を信条とし、暮らしや仕事における、たのしさや豊かさ、学びについての執筆や活動を続ける。著書多数。雑誌連載、ラジオ出演、講演会を行う。
中目黒のセレクトブックストア「COW BOOKS」代表でもある。