20188

30

ESSAY

「貯金」はこんなふうに

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。さて、貯金の目的を考えたことはありますでしょうか。わずかな金額でも、毎月コツコツと貯金をしていれば、「チリも積もれば山となる」というように、それなりの金額は貯まるものです。金額の大小は関係なく、暮らしに貯金は大切です。貯金の目的は二つあります。一つはいざという時の備えです。病気や不慮の出来事で収入が途絶えてしまった時、貯金があればなんとかその場をしのぐことはできます。貯金がな...
20187

30

ESSAY

「投資」先の選び方

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。前回、「投資」とは、お金儲けでもなく、ギャンブルでもなく、自分の持っているお金を増やすための、賢い使いみちのひとつ。そしてまた、自分自身への栄養補給だとお伝えしました。いかがでしょうか。あなたは今日、「投資」という意識で何か行動してみましたか?つい先日、この欄を読んだという私の知人から、はじめて「投資」をしてみたと連絡がありました。「こんにちは。お久しぶりです。コラムを読んで...
20187

30

ESSAY

いろんな対象に分散投資することで、
国際経済の動きも学べる。

豊島逸夫×モリジュンヤ
Itsuo Toshima×Junya Mori
投資の専門家・豊島逸夫氏に、気鋭の若手編集者・モリジュンヤ氏が「投資の難しいこと」を伺っていく本連載。第3回では、金(ゴールド)や不動産といった「実物資産」の解説から、分散して投資を始めることの必要性や、そこから得られるメリットについて学んでいきます。  分散して投資することで、体で理解する  ――初心者は、何に投資すべきか分からない方も多いと思います。豊島さんは、そ...
20187

30

HOW TO

人生100年の間には、良いこともあれば悪いこともあるでしょう。様々なリスクに対応できる対策を準備しておきましょう──。「人生100年時代の資産運用」と題して、前編では「収入は3つの「資金」に分けよう」という考え方を紹介しました。20年単位で人生を見つめ直し、20〜40歳と、40〜60歳というフェーズでの資産運用の考え方を説明しました。3つの資金とは「生活防衛資金」「準備資金」「投資用資金」でしたね...
20187

30

AtoZ

世界には実に様々な経済指数があります。その中でも異色なのが、英国の経済誌が考案した「ビッグマック指数」です。 経済には世界の動きを数字で表現する様々な「指数」があります。学校で教わる「GDP(国内総生産)」のような世界共通の経済指標もあれば、「日銀短観(全国企業短期経済観測調査)」のように日本だけを対象にしたものもあります。また、経済指数を発表するのは行政府・中央銀行だけではありません。...
20186

27

ESSAY

投資の専門家・豊島逸夫氏に、気鋭の若手編集者・モリジュンヤ氏が「投資の難しいこと」を伺っていく本連載。第1回では、少額から積み立てる投資の重要性を話しました。第2回は、プロと素人の投資家の違いを紐解きながら、投資を始めるうえでの豊島さんからのアドバイスを紹介します。  個人投資家「だけ」が持っている武器  ――ずっとプロとして投資をされてきた豊島さんは、やはり負けるこ...
20186

27

ESSAY

「投資」という使い方

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。さて、自分のお金をどんなふうに使うのか。どんなふうに生かすのか。何に役立てるのか。少しずつでも、そんなふうに考える習慣を身につけてもらえたら嬉しく思います。いかがでしょうか。前回は、収入の使いみちに「消費」と「浪費」があるとお話しました。今回は、それ以外に「投資」という使いみちについて考えてみましょう。「投資」なんて自分にはまだ早い。そんな余裕がないと感じる方が多いのではない...
20185

30

ESSAY

「消費」と「浪費」に詳しくなる

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。さて、今回は「消費」と「浪費」について、大切なことをお話しましょう。「消費」と「浪費」の達人になれば、お金と自分の関係は、ぐっと良くなるのです。まず「消費」です。わたしたちの暮らしにおいて、「消費」をしない日は一日もありません。「消費」とは、日々暮らして行くために必要な、衣食住に関わるお金の支出です。「家計消費」ともいわれるその主たる内訳は、食費、光...
20185

30

HOW TO

「人生100年時代」が到来しようとしています。楽しく生きるためには、お金の心配はしたくないものです。著書『人は一生に四回生まれ変わる』(知的生きかた文庫)を1993年に上梓したのは、一刀斎の異名をもつ数学者・森毅さんでした。森さんはこの本で、20年単位で人生を見つめ直すことを説き、最後の20年の60〜80歳は「人生の終わりに向かう20年」としていました。2018年のいま、「人生100年時代」という...
20184

26

ESSAY

お金の使い方は

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。前回は、お金と仲良しになるには、お金を大切な友だちと考えてみて、どんなふうに接したら、未来に向けて、とても良い関係を作れるのか。そのために大切なことは何か、そんなことをよく考えてみましょう。とお話しました。「お金が悲しむ使い方をしない」。この言葉にヒントがあるように思います。なんだか、子供じみた発想ですが、とても深い意味が隠されているのです。さて、話...
20184

26

AtoZ

2月初旬に発生した世界同時株安で、経済ニュースに「恐怖指数」という言葉が飛び交いました。物々しい言葉ですが、これは何を表しているのでしょうか? ここ数年、米国の株式市場は好調を維持してきました。リーマン・ブラザーズが破綻して起こった世界的な金融危機から素早く脱却し、もうすぐ10年が過ぎようとする今日では好景気を謳歌しています。そんな米国株式市場に激震が走ったのが2月5日でした。ダウ平均株...
20184

26

TECH / WORLD

世界で最も人気のある投資家といえば、ウォーレン・バフェットでしょう。なぜバフェットの言葉は、人を惹きつけるのでしょうか? 株式投資というと、経済学を勉強して難しい数式を読み解けるようになるまでは始められない、という意識を持つ方も多いでしょう。あるいは、一攫千金を狙ってピンときた会社の株式を買うようなギャンブルだと考える方もいるかもしれません。しかし、稀代の投資家ウォーレン・バフェットは「...
20183

29

ESSAY

投資は「草食系」で始めよう。
一度の飲み会代から始める投資

豊島逸夫×モリジュンヤ
Itsuo Toshima×Junya Mori
分かりやすいアドバイスに定評がある投資の専門家・豊島逸夫氏に、気鋭の若手編集者・モリジュンヤ氏が「投資の難しいこと」を分かりやすく聞いていく本連載。 第1回は、投資に関心はあるけれど、何から始めたらいいのか分からないという方に向けた、豊島さんからのアドバイスを紹介します。投資によって得られるリターンは「お金を儲けることだけではない」と語る豊島さんに話を伺いました。  投資は焦って始めたら...
20183

29

ESSAY

お金のいろんなこと、
伝説のトレーダー豊島さんに聞いてみた!

豊島逸夫×モリジュンヤ
Itsuo Toshima×Junya Mori
生活していくためには「お金」が必要です。働いてお金を稼いだり、欲しいものを買ったり、将来に備えて蓄えたり。生活のいろんな場面で、私たちはお金と関係しています。 お金には、消費したり、貯蓄したりする以外に、投資するという使い方もあります。消費や貯蓄はするのに、投資となるとなぜか腰が引けてしまいがち。 「人生100年時代」といわれるようになりました。100年以上、生きる。まだ想像も...
20183

29

ESSAY

お金の気持ちになって

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。いかがお過ごしでしょうか。今回は、お金持ちの人がそうであるように、お金と仲良しになるためには、どうしたら良いかを一緒に考えていきましょう。お金と仲良しになる。もっと。そのために、まずは自分からお金を好きになる。お金のことをもっと知りたいと思うことです。これはとても大切なことです。好きになってくれたら、自分も好きになるではなく、自分から先に好意を持つ。人間関係と似ていますね。お...
20183

29

AtoZ

上り調子の指数と連動して価値を上げていく金融商品があれば、誰でも買いたくなるでしょう。そんな虫の良い商品なんてあるのでしょうか?前編となる「ETFと投資信託の違いとは!?」では、投資信託という金融商品の概要と、その一形態であるETFについて解説しました。今回はいよいよ「米国ETF」について、です。というのもここ数年、米国ETFが注目を集めているからです。 I.米国ETFが注目を集める背景...
20182

27

AtoZ

投資に興味はあるけれど、難解な用語が多くて……という方。まずは「ETF」と「投資信託」の違いを知りましょう。ふたつとも人気の商品なのですから。ここ数年、日本の個人投資家の間で米国株式の人気が高まりつつあります。その背景には10年に及ぶ米国市場の好景気があります。ただ、わたしたちが想像しているような「米国株式ブーム」とは少し様子が違っているかもしれません。「米国株式が人気」と聞くと、例えばアップルや...
20181

31

ESSAY

あなたは今、仲良しですか?

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
さて、お金とはなんでしょう。私たちは、ある年齢に達すると、アルバイトや仕事をし、その報酬としてお金を得るようになります。それは大抵どんな人でも同じでしょう。そのお金は、ある意味、自分で稼いだお金ですから、どんなふうに使おうと自由です。「ほしいものを買おう」。使いみちとしては、ほとんどの人はこう思うでしょう。なぜなら、お金を得るまでの子ども時代に、お金を自由に使えなくて、ほしいものをずっと我慢してき...
20181

31

ESSAY

ごあいさつ

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
私たちが毎日使っているお金。毎日手にしているお金。毎日稼いだり貯めたりしているお金。時にしあわせに、またある時には悩まされたりするお金。お金とは一体何でしょう。みなさまは、そう聞かれて、その答えを、ぱっと答えることができるでしょうか?その答えは無限にあるかもしれません。しかし、ひとつ言えることは、お金とは、私たちの毎日に欠かせない大切なもの。私たちの欲求と欲望と深く関わるもの。また、その関係によっ...
20181

31

HOW TO

子どもにかかるお金を考えるとき、話題になるのは「教育費」です。でも、食費やおもちゃ代など、教育以外のすべての費用をまとめた「養育費」は、総額でいくらくらいになるのでしょうか? 「子どもが生まれたら考えておきたいお金のこと」をテーマに、前後編で子育てと教育に関する費用を解説していきます。前編では、大学卒業までにかかる教育費と習いごとの費用、大学以上の高等教育の費用をお伝えしました。後編とな...
20181

31

AtoZ

投資先を検討する場合は個別株式や債券だけでなく、もっと広い視野で考えましょう。さまざまな商品に分散して投資すればするほど、リスクは減っていくのですから。 投資に興味をもっているなら、「ポートフォリオ」という言葉を見聞きしたことがあるはずです。でも、ポートフォリオの意味がいまいちピンとこないと感じている人も多いのではないでしょうか?というのも、この言葉はとても多様な意味をもっているからです...
201712

25

HOW TO

子どもが一人前になるまでの総額は、諸説が入り乱れています。ここでおおよその額だけでもしっかりと把握しておきましょう。子どもひとりあたりにかかる教育費は、大学卒業までにおおよそ2000万円。そう聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?実際、子育てにはどれくらいのお金がかかるのでしょう?いつまでに、いくら用意しておけばいいのでしょうか?ここでは日々の仕事と家事でゆっくりと考える時間がない方のため...
201711

17

AtoZ

ドルコスト平均法は、投資のビギナーにこそおすすめしたい手法です。これを「金」と組み合わせたら価格変動リスクを回避する投資にぴったりでした。 投資には必ず「損益」が伴います。「損益」というくらいですから、投資の結果、損をすることもあれば、利益を得ることもありますよね。つまり、投資活動には損をする「リスク」も必ず伴うということになります。多くの人はこう考えるでしょう−−。リスクをなるべく減ら...
201711

17

TECH / WORLD

Bitcoinと金の新しい関係?

GOLD PRESS 編集部
GOLD PRESS Editors
金(ゴールド)をビットコインで購入できる−−。そんなニュースに触れると、どこかロマンを感じないでしょうか?「ビットコイン」という仮想通貨がテレビやネットニュースで盛んに取り上げられています。日本では、2014年2月にビットコイン取引所「マウントゴックス」で取引停止という事態が発生したため、「ちょっと怪しい通貨」と思っている方もいるかもしれません。でも、負の側面ばかりを見ていては、ビットコインと、そ...