金地金(インゴット)・金貨で将来に資産を残そう

金地金(インゴット)とは?

金地金(インゴット)とは?

金地金と言う言葉は普段はあまり見かけませんが、簡単に言えば金塊のことです。金地金はインゴットとも呼ばれ、昔から資産として流通してきました。そのため世界中で多くの金塊が作られてきましたが、現在投資の世界で取引される金地金は、厳密な審査基準をクリアした品質が保証されたものだけです。

金の価値は世界共通

金の価値は世界共通ですが、同じ重さの金地金でも金の純度が違えば、価値が変わります。世の中には金と比重の近いタングステンに金メッキを施したような偽物が出回ることもありますが、そもそも初心者には本物の金なのかということを容易に見分けることは困難です。訪問販売やネットオークション、通信販売などで金を購入する場合などは十分に注意が必要です。

金の品質を保証する審査機関「ロンドン貴金属市場協会(LBMA)」

金地金が投資対象として流通するためには、その品質が世界的に保証されている必要があり、その流通を保証されるためには、ロンドン貴金属市場協会(LBMA)の厳正な審査基準をクリアする必要があるのです。この基準をクリアした企業にのみブランドと登録の証を刻印することが許可され、世界で流通することが可能な金地金となります。そして、この刻印こそが品質や価値の保証となり、初心者でも安心して投資の対象として購入することができるのです。

日本にもロンドン貴金属市場協会(LBMA)の厳正な審査基準をクリアした金地金が数多くありますが、長い歴史を有するのが三菱ブランドです。
スリーダイヤが刻印された三菱マテリアルの金地金には、5グラム、10グラム、20グラム、100グラム、500グラム、1キログラムの6種類の重量サイズがあり、いずれも品位99.99%の純金でロンドン貴金属市場協会(LBMA)に認定された刻印が品質を保証しています。

金地金刻印例

刻印
・金塊番号 商品管理上の連続ナンバー。 ・商標 金地金を製錬した業者(三菱マテリアル)の登録マーク。
・重量表示 金地金の重量をグラム表示したもの。 ・素材表示 FINE GOLD(純度の高い金)、すなわち純金のこと。
・製錬・分析者マーク 「MELTER」は製錬業者、「ASSAYER」は検定分析業者。 ・品位表示 品位すなわち純度。999.9とは、純度99.99%のこと。

なお、前述したように金の偽物を販売する業者もいるので、金を購入する場合は、信頼できる会社の店頭や電話での購入がお勧めです。

投資対象として金地金を購入するなら信頼できるブランドのものを

金は世界共通の安全資産として注目を集めていますが、金地金を投資対象として購入する場合はロンドン貴金属市場協会(LBMA)の厳正な審査基準をクリアし、信頼できるブランドと品質の証が刻印された金地金を選択することが重要です。日本ブランドの購入であれば、100年を超える長い歴史と信頼の三菱マテリアルの金地金がおすすめです。最も軽い5グラムなら数万円からの購入が可能で、6種類の重量サイズがあり予算に合わせて購入できます。(※金地金の一部には売買手数料がかかります)。
また、金地金の購入には偽物のリスクもありますので、三菱マテリアルのように自社で金地金を生産し、販売している会社から直接購入すると安心です。

次回は、実際に金地金(インゴット)を購入する方法をご紹介します。

※本記事の内容は記事公開時(2017年1月)の情報です。

[マイ・ゴールドパートナー]は、金・プラチナ・銀の積立購入、引出しや金貨への交換など、様々なサービスをご利用いただけます。また、Web、電話、店頭でいつでも手軽にお取引いただける便利で安心なサービスです。さらに、インターネット取引「オンライントレード」では、お取引や各種照会がパソコンやスマートフォン上で簡単に行える便利でお得なサービスです。

資料請求 マイ・ゴールドパートナーとは?