トップページ金投資をはじめよう!純金積立で資産形成をはじめよう

> ドルコスト平均法とは? 純金積立で金を購入する仕組み

純金積立で資産形成をはじめよう

ドルコスト平均法とは? 純金積立で金を購入する仕組み

ドルコスト平均法とは? 純金積立で金を購入する仕組み

月々数千円といった少額からはじめられる金投資の方法として注目を集めている純金積立の最大の特徴は、ドルコスト平均法により金を購入するという仕組みです。今回はこのドルコスト平均法について見ていきましょう。

ドルコスト平均法の仕組み

19_01.png

ドルコスト平均法は、株式やETF(上場投資信託)などの投資商品で広く利用されている購入方法です。金や株式などの金融商品は、日々価格が変わるため価格変動リスクが伴います。安いと思った時の価格で購入したにもかかわらず、後に価格が下落してしまったということはよくあるケースです。そこで一度に多額の資金で購入するのではなく、資金を分割し継続的に同じ金額で購入する方法が考えられました。それがドルコスト平均法です。

ドルコスト平均法の利点

継続して同じ量の商品を買うという投資方法もありますが、ドルコスト平均法では継続して同じ金額の商品を買う、すなわち価格が安い時は多くの量を、高い時は少ない量を購入することになるため、毎月同じ量の商品を買うより、平均購入単価を下げる効果が期待できます。また、継続的に一定額の金を購入することで購入単価が平均化されるため、価格変動のリスクを抑える効果が期待できます。ご自身で買い時を判断するのはかなり難しいことですが、ドルコスト平均法による継続的な購入では、そのような煩わしさがありません。

純金積立における購入方法

純金積立における購入方法はドルコスト平均法による月額積立購入が基本です。月々数千円という少額からの購入が可能で、ご自身で設定した月額積立購入金額が毎月金融機関口座から自動的に引落とされます。

このほかにも例えば三菱マテリアルでは月間スポット積立購入にもドルコスト平均法が適用されています。スポット購入とドルコスト平均法の両方のメリットを活かした購入方法で、スポット的にある月にドルコスト平均法で購入したいという場合におすすめの購入方法です。

ドルコスト平均法は投資初心者にもおすすめ

純金積立は投資商品で広く利用されているドルコスト平均法を適用した投資方法であり、長期保有することが望ましい金投資に向いていると言えます。積立購入は設定した金額が自動的に口座から引落とされますので、手間もかからず投資初心者に向いているとも言えます。またスポット購入を頻繁に行うような投資上級者にとっても、任意の月に購入できる月間スポット積立購入を利用すれば価格変動リスクを抑えた投資をすることも可能です。相場の動きに左右されず投資できるドルコスト平均法を適用した純金積立は、初心者はもちろん上級者にとってもおすすめの投資方法と言えるのではないでしょうか。

※本記事の内容は記事公開時(2016年12月)の情報です。

[マイ・ゴールドパートナー]は、金・プラチナ・銀の積立購入、引出しや金貨への交換など、様々なサービスをご利用いただけます。また、Web、電話、店頭でいつでも手軽にお取引いただける便利で安心なサービスです。さらに、インターネット取引「オンライントレード」では、お取引や各種照会がパソコンやスマートフォン上で簡単に行える便利でお得なサービスです。

資料請求 マイ・ゴールドパートナーとは?