貴金属マーケット相場概況(マンスリー)

貴金属マーケット相場概況(マンスリー)

  • 海外金相場Open or Close

    金相場は1,240ドル付近でスタート。週開け3日は、前月からの米長期金利の上昇継続を背景に約20ドルの大幅な下落となり、約8週間ぶりの1,220ドル割れを見ることとなった。4日は米国の独立記念日でNYマーケットは休みのため、動意薄。その後、1,220ドル台で推移し、週末7日の米雇用統計を待った。注目の6月米雇用統計の内容は概ね堅調と判断され、ドル高を背景に金相場は一時1,210ドル割れの水準まで大きく売り込まれた。週明け10日も弱含みで推移し、一時1,205ドル割れとなったのち、1,210ドル台を回復。11日は米トランプ大統領をめぐるロシアゲート問題の再燃で、政治リスクが意識され、金相場は1,220ドル付近まで買われた。12日はイエレンFRB議長の議会証言が行われ、その内容が「ハト派的」と市場に受け止められたことから、金相場は1,225ドル付近まで続伸したのち反落し、1,220ドル付近での小動きとなった。その後、週末に発表された米国経済指標が冴えない内容であったことを受けた年内利上げ観測の後退やドル安の流れを受け、金相場は1,230ドル前後まで上昇した。18日にはトランプ大統領の公約の目玉であるオバマケアの廃案審議が進まない見通しとなったことで、債券買い・ドル売りが進み、金相場は1,240ドル台にレンジを切り上げた。20日に発表された欧州中央銀行(ECB)定例理事会の声明文は、これまでと同じハト派的内容で、出口戦略を期待していた市場は冷や水をさされた形となり、ドル売りユーロ買いが復活。この流れと並行して米国ではロシアゲート問題が再浮上したことから、一時1,245ドル超えまで急伸した。21日の金相場は、引き続きロシアゲート問題で米国の政治リスクが懸念されドルが弱含む中、金相場は買われ1,255ドル付近まで続伸した。25日は良好な米経済指標を受けた株高を背景に安全資産需要が減退し、ドルも堅調に推移したことから、金相場は1,245ドル付近まで下落し米連邦公開市場委員会(FOMC)を待った。26日にFOMC声明文が発表されると、市場ではその内容を利上げ観測後退と評価し、一気に1,260ドル越えの水準まで上昇した。28日は1,260ドル付近で推移していたところに、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射のニュースが飛び込んできて、更に1,270ドル付近まで上昇し、そのまま7月の取引を終えた。月内レンジは、1,205-1,270ドル。

  • 海外プラチナ相場Open or Close

    プラチナ相場は、930ドル付近でスタート。金相場の下落につれ安する形で905ドル付近まで下落。週末に米雇用統計が発表され、金相場が下落する一方、プラチナ相場は安値拾いの買いに支えられ、900~910ドルのレンジ内で揉み合って推移した。その後、南アフリカのランドが対ドルで大幅に下落したこともあり、一時890ドル付近まで下落した。その後、ロシアゲート問題の再燃やイエレン議長の議会証言がハト派的と受け止められたことで金相場が堅調に推移したことや、南アの通貨であるランドの上昇を背景に、プラチナ相場は週末には920ドル付近まで反発した。翌週も金相場の続伸や南アランドの上昇基調継続を背景に935ドル付近まで上昇後、20日には堅調な米経済指標を背景としたドル高により915ドル付近まで下落した。しかしその後、ECB定例理事会後の声明文発表やロシアゲート問題の再燃などを背景にドル安が進行すると、930ドル台後半まで回復。その後、FOMCを控えたポジション調整から920ドル付近まで下落したが、FOMC後は930ドル台を回復し、最終的には940ドル付近で取引を終えた。月内レンジは、890-945ドル。

  • 海外銀相場Open or Close

    銀相場は、16.60ドル付近でスタート。米長期金利上昇継続を背景とした金相場の下落につれ安する形で16.00ドル付近までなだらかに続落。週末7日に6月米雇用統計が発表されると、ドル高を背景に15.50ドル付近まで下落した。週明け10日に、金相場につれ安となり15.20ドル付近まで下落したが、トランプ大統領のロシアゲート問題の再燃で政治リスクが意識されたことに加え、12日のイエレンFRB議長の議会証言の内容が「ハト派的」であったことで、金相場が堅調に推移したことにつられ、銀相場も堅調に推移した。その後は、冴えない内容の米国経済指標を受けた年内利上げ観測の後退やドル安の流れを受けた金相場の上昇、オバマケアの廃案審議が進まない見通しとなったことを受けた債券買い・ドル売り・金買い、また20日発表のECB定例理事会の声明文によるドル売りユーロ買いが復活。この流れと並行して米国ではロシアゲート問題が再浮上するなど、金相場を支えるトピックが続いたことを背景とした強い金相場につられる形で、16.50ドル付近まで上昇。週明けはFOMCを前にした様子見ムードの中、ポジション調整の売りで値を下げる場面もみられたが、FOMC後は金相場につられて16.80ドル付近まで上昇したのち、16.50ドル付近まで売り戻されて、最終的には16.80ドル付近で終了した。月内レンジは、15.20-16.80ドル。

  • 為替相場Open or Close

    ドル円相場は、112.20円付近でスタート。先月からの欧米国債利回り上昇基調を背景に、一時は113円台半ばまでドル高が進んだが、4日の北朝鮮のICBM発射の報を受けて、リスク回避の円買いも進み、113円台前半で揉み合う展開となった。週末に6月の米雇用統計が発表されると、予想を上回る良好な結果に反応しドル買いが進み、一時は114円台までドル高が進行した。翌週も、ドルの上昇基調は続き、週央には、114.50円付近まで上昇。しかしその後、トランプ大統領をめぐるロシアゲート問題が再燃し、ドル軟調地合いとなった。さらに12日、イエレンFRB議長の議会証言が行われ、その内容がハト派的であったこともドル売りの材料となった。その後発表された米経済指標が低調な内容であったことから、ドルは更に売られ、14日には112.25円付近まで下落した。先週末に発表された米国経済指標が冴えない内容であったことを受け、年内利上げ観測が後退したことだけでなく、ロシアゲート問題等によるトランプ政権への不信感が高まり、ドル安基調となった。週明け24日、ドル円相場は110.70円までドル安が進行したが、FOMC前のポジション調整などを背景としたドル買いにより、26日には112.20円付近まで上昇した。しかし、25-26日に開催されたFOMCの声明文において、注目されたバランスシート縮小開始時期が「比較的早期」の表現に留まったことや、慎重な物価判断が嫌気され、ドルは軟調となった。そして28日、北朝鮮のICBM発射の報が流れると、ドル売り円買いが加速。ドル円は110.20円付近まで値を下げて、取引を終えた。月内レンジは、110.20-114.50円。