プラチナ相場のキーポイント

プラチナはどんな貴金属?

プラチナ価格変動図

  • 約7,000トンしか産出されていない、希少価値の高い金属Open or Close

    金には通貨として、あるいは通貨の裏付けとして用いられて来た2000年の長い歴史があります。それに比べプラチナは金属として認知されてから250年ほどの歴史しかなく、有史以来の産出量は約7,000トン。これは一辺が7メートルの立方体に等しい量にすぎません。
    一方、金は160,000トン。少ないとは言えオリンピックプールの約3杯分ですから、プラチナがいかに少ないかがおわかりいただけるでしょう。そして年間供給量も、金は約4,500トンで、そのうち鉱山生産量が約3,200トン、プラチナは約240トンで、そのうち鉱山生産量が約200トン。まさに貴重で希少な金属なのです。

  • 自動車触媒をはじめ、工業用需要が高いOpen or Close

    独特の美しい輝きを放つプラチナは、女性たちの心を魅了する宝飾品として高い人気を持っています。でも宝飾品として使われるのは約3割しかありません。
    実は産業・工業用の需要が高く、その用途は医療、コンピューター、バイオ、化学など幅広い分野で使用され、なかでも自動車の排ガス浄化触媒としてガソリン車、ディーゼル車に約4割が使われています。また環境負荷の少ない燃料電池にも使われ、21世紀の地球環境を守るための大切な金属として注目を集めているのです。

  • プラチナ価格の動きは?Open or Close

    プラチナは工業用素材の顔と宝飾品としての顔を持つ実物資産です。しかも市場は年間約200トンと規模が小さく、基本的に世界の景気動向と自動車産業の動向が価格に影響するのが特徴です。しかも供給国が南アフリカとロシアの2か国に集中しているため、供給不安などの要因で金に比べて値動きは激しく変動する場合があります。さらには2010年1月8日に米国で初めて「プラチナETF(上場投資信託)」がニューヨーク証券取引所に上場されたことも、今後のプラチナ需要の増加を連想させ価格上昇要因となり得ます。そこに実物資産としての価値と同時に投資としての魅力があると言えるでしょう。

  • プラチナ積立の魅力Open or Close

    産出量も少なく希少でありながら、しかも自動車や医療、先端産業での需要があるプラチナ。金とプラチナはある意味どちらも実物資産でありながら、金は長期の投資であり、プラチナは投機としての側面を持つものだと言えるでしょう。特に金と比較してマーケット規模が小さいために価格が大きく変動することがあります。例えば2000年の初めにはロシアの輸出停止で価格が高騰し、その後2008年まで価格は上昇を続け、2008年の最高値では2000年の約5倍になりました。また2017年にはその半分以下の価格に下落しました。そのような特徴から毎月一定額を積み立てるプラチナ積立なら「価格が上がれば資産価値が上がる。価格が下がれば積立量が増える。こうして将来には大きく夢が膨らむ。」これがプラチナ積立の魅力です。