建玉明細報告

米国CFTCが毎週発表している、商品先物取引所に上場している各種商品(オイル、穀物、貴金属など)の取組状況のこと。正式にはCommitments of Traders Reports(建玉明細報告)といいます。
米国には、商品先物取引の安全性や透明性を高めるために、規制・監督をつかさどる連邦政府機関があります。この機関を、Commodity Futures Trading Commission(商品先物取引委員会)と言い、頭文字を取ってCFTCと略称します。

この報告内容は詳細にわたりますが、市場関係者が重点的にウォッチしているのは、第一に投機玉の動き(ロングとショートの推移)といって良いでしょう。ファンド筋・投機筋の動きは、短期的に市場価格をリードするほど大きな影響力を持つためです。実際、過去において商品市場の価格が乱高下した場面では、ほとんど必ずと言って良いほど、投機玉に大きな変動が現れています。
ただし建玉明細報告は、毎週火曜日時点の状況をその週の金曜日に発表しているためにタイムラグがあります。この報告を参考にする場合には、時系列でロングとショートの推移を見て行くことが必要となります。