豊島逸夫の手帖

Page1108 セミナー雑感

2015年3月30日


おととい、横浜でとても心地よいセミナーで話してきました。

主催は、後田亨さんという保険の専門家。独立系で、自らの保険業界での体験をもとに、ずばり本音で語るので人気ある人です。

私も独立系なので、気が合って、昨年もそして今年も横浜で講演というかフリートークと質疑応答やってきました。

日経ホールなど大きな器と違って、こじんまりアットホームな雰囲気で、聴衆の顔が見えるのがいいですね。

「日経のセミナーで聴いた話もあったが、やはり、主催者が違うせいでしょうか、明らかにトーンが違っていました。」「今日のほうが面白い。豊島さんも楽しそう。」という事後感想コメントがあり、まさにそのとおり(笑)。


最近は、テレビ出演でも講演でも、時間が許せば「豊島逸夫の反省セッション」やるのですが、これは「専門家が言いっぱなしではダメ。」という考えからです。これは共感を得て、日経CNBCでも最近は、一部のレギュラー出演者に前回の予測グラフを呈示して、反省説明してもらうようになりました。一般的に日本人のコメンテーターは、大きな金融機関や証券会社の看板を背負っているので、どうしても構えてしまう傾向がありますね。


それから、セミナーでは、現地写真を見せて、現場の空気を吸った感想を語るようにしています。臨場感を大切にするためです。これも日本人コメンテーターは、やたらにチャートとか、エクセルの数字ばかり並べる傾向への、私なりの反発です。ギリシャ問題など、現地の空気を吸ったこともない人たちが、国債償還スケジュールだとかEU高官コメントなどを並べて説明するのを見ると、なにやら虚しい机上の空論みたいに響きます。原油相場だって、NYMEXの場の空気を読めずに、理屈だけで、「こうなるはず」と語っても、想像の世界の話で説得力に欠けます。

また、機会があれば、今度は後田さんとフリー対談してみたいものです。私は保険関係に疎いので、彼の話を聞きたい(笑)。

最近は、こういう具合に、意気に感じて動く傾向が益々強くなっているのを自覚します。


2083-1.jpg
2083-2.jpg
2083-3.jpg

ちなみに、4月から豊島事務所副代表、治部れんげ、との共同執筆コラムをマイナビ

で展開する予定。題して「25歳のあなたへ」。


そして残念なことは、日経CNBCの番組改編で「ニュースコア」が終了になったこと。毎月一回30分トークしてきたのだけど(反省セッションも含めて)、途切れてしまった。ワケちゃん(分林里佳キャスター)お疲れ様!

ページトップ