豊島逸夫の手帖

Page2391 JPモルガンCEO、異例のビットコイン批判

2017年9月13日

ダイモンJPモルガンCEOがビットコインを強烈に批判した。金融関連会議での発言だが、銀行界のオピニオンリーダー的存在なだけに波紋が広がっている。

「(ビットコインは)詐欺だ。私の娘がビットコインで儲けて天才だと言っている。私の銀行のトレーダーがビットコインを売買したら即クビだ。理由は二つ。ルール違反で、ばかげている。」

「(過熱する相場に)空売りするかなど、私に聞いて欲しくない。2万ドルになるかもしれないが、いずれ爆発して果てる。(歴史的にバブルの実例とされる)オランダのチューリップより悪い。」

「ベネズエラ、エクアドル、北朝鮮にいるとか、薬物ディーラー、殺人者であれば、米ドルよりビットコインの方がベターだろう。」

普段は冷静で業界の良識派とされる人物ゆえ、かなり感情的な発言には意外感がある。

ビットコイン批判と言えば、ノーベル経済学者シラーイェール大学教授も米経済テレビでビットコイン批判を展開。スタジオのビットコイン推進派と激しく議論していた。

共通点は、ブロックチェーンのテクノロジーではなく、ビットコインを論じていることだ。

何かと金と比較されるビットコイン。

今後もこの論争が熱く続きそうな様相である。

ページトップ