豊島逸夫の手帖

Page2406 小池都知事の思い出

2017年10月5日


本欄では政治的な話はしないことにしているけど、小池都知事のこと程度ならいいでしょう(笑)。
彼女がテレビ東京でワールドビジネスサテライトのキャスターをやっていた頃のこと。だから1980年代後半かな。当時、あの番組では頻繁に金特集をやっていた。そこでスタジオで一緒になることが多かった。今でも事務所のアーカイブにVHSビデオで残っている。
その当時の映像を見ると、若い!当たり前か(笑)。未だ初々しいキャスター。かく言う私も自ら赤面するほど(笑)若い~~。
わざわざ局のほうで張り子のナゲット(自然の金塊)まで作って、小池キャスターがそれを番組の初めに重たそうに持ち上げて見せて、実は作り物でこんなに軽いとおどけてみせている。
彼女も中東での留学体験があるから、ゴールドには自然に親近感があったのだと思う。
それにしても、そういうキャスター出身だから政治の世界に入ってもメディア対応はプロだね。特にカメラの前で喋るのに慣れている。まぁこれ以上言うと今は政治的発言になるから止めとくよ。
当時、東京12チャンネルは東京タワーの真下にスタジオがあった。アナウンサー室が控室で、壁中に「放送禁止用語」一覧が貼られていた。出番まで待つ間それに目を通していると、あれもダメ、これもダメという感じで何も喋れなくなりそうだった。
振り返れば、私もその頃からテレビ慣れしていたので今ではカメラの前でも何も変わらない。たまたま人間ドックの当日にテレビ生出演があって、24時間心拍数計る検査の機材をつけたままスタジオで話した。後で心拍数記録を見たら生出演中も全く変化なく、担当医がビックリしていた(笑)。在宅時の方が心拍数が早いのは、家庭内で家族に気を使い過ぎかと医師と大笑いした。まぁスタッフからは世の中では「内弁慶」という言葉があるが、豊島さんは「外弁慶」だと言われる。それって「恐妻家」ということかい~~。


今日の写真は頂上付近が赤くなってきた安達太良山。来週、再来週あたりが紅葉の見頃かね。


2676a.jpg

そして来ました来ました♪
ガーラ湯沢スキー場の2018年冬季シーズンロッカー申込書。常連さん向けに先行受付開始。これを受け取る季節になると、もはや仕事などしている場合ではない。エッジ研磨、アイロンホットワクシングなどなどフルチューンナップ開始。体のほうも股関節中心にコツコツ毎日ストレッチ。とにかく股関節を柔らかくしておくこと。仕事上、スキー骨折のため本日の講演キャンセルなんて洒落にならないのでね。突然初心者がスノボで前を横切っても素早く対応できる状態を保たないと。それにはなんと言っても股関節の柔軟性。これ、スキーだけではなく健康にも(女性には美容にも)良い。
それにしても時代の流れか、ガーラのスキーインストラクター陣にもタイ語専用スクール担当がいたりする。更に、スキーをしない人でも山頂の展望台までリフトに乗れるようになった。これは年々急増する外国人観光客向けサービスだよね。昨シーズンでも行きの新幹線の半分くらいはアジア系外国人という日が珍しくなかった。タイやシンガポールの人たちには、雪そのものが感動的体験なのだよね。
冬季に入ると、毎朝チェックするのが前日のNY相場ではなく当日の積雪量になります~~。
スキーの後の温泉とカツカレー、福神漬け大盛り!も楽しみ。今年は甘い物食べ過ぎて血糖値が上がり、糖質制限ダイエット中だけどスキーシーズンはカロリーたっぷり発散するからいいか。。。


2676b.jpg

ページトップ