豊島逸夫の手帖

Page2547 変わらない日本

2018年5月15日


2週間出張で留守にしただけで今週は溜まった仕事がドサッと来てアップアップです。スケジュール表がアミダくじみたいになってややこしい。ダブルブッキングしないように気を付けねば。


個人事務所は社長兼秘書なので組織にいて個室、秘書つきで働いていた頃とは雲泥の差です(笑)。秘書の有難味がしみじみ分かったね~~。女房は別れて初めてその有難味が分かると言うけど、実感だね(笑)。電話ひとつでも取材で世界経済について色々語った後、次の電話が「宅配便」。パソコンが故障すれば自分で秋葉原まで機材持ち込まなければならないので半日仕事になります。いかにネットに依存しているかを痛感する時でもありますね。ネット機材なしでは仕事は全く進まない。逆に、あればどこでも仕事が出来るというメリットもありますが、どこへ行っても逃げられないということでもあります~~。


さて、マーケットの方は株も為替も膠着して動かず。結果的に金市場も閑散。それだけマグマが溜まっているとも言えるので、ひとたび噴出し始めると激しい勢いになるでしょうね。


久しぶりにミッドタウンの虎屋で季節の和菓子とほうじ茶。菖蒲の饅頭にもうすぐに梅雨かと季節を感じる。


2817.jpg

そろそろ2018年後半のマーケット展望などの仕事も舞い込む時期になりました。

気になることは2週間留守にしただけで浦島太郎状態なのですが、帰ってみれば相変わらず国内では加計問題で騒がしい。本欄は政治を論じることはしないけど純粋に経済的観点からこれでどれだけ虚しい時間を費やしていることか。世界は激動しているのに益々置き去りにされるだけだよ。。。

ページトップ