豊島逸夫の手帖

Page2629 セミナー@京都のお寺

2018911

色々セミナーをやってきましたが、その中でも印象深く記憶に残るのが京都のお寺でのセミナー。京都のお寺は観光入場料収入に依存します。それゆえ台風とか猛暑とか天候に大きく左右されます。そこで「天候デリバティブ」でヘッジすることを思いついたのです(吹き込まれたのかな 笑、甲子園の弁当屋さんが雨で試合が中止になった時、一日の販売を補償してもらう仕組み。勿論何がしかの手数料は払って)。

それがきっかけで入場料収入を運用するようになり私が呼ばれた次第。底冷えするお堂に正座して、屏風にパワーポイントを投射して。

プレゼンが終わり質疑応答になりビックリ。「現先スプレッド」とか「オプション、ストライクプライス、プレミアム」等専門用語が飛び交い、大手町での機関投資家と同じレベルでした。それが剃髪したお坊さんたちから発せられるのでミスマッチ感が何とも言えない(笑)。極めつけは、出口でふと仏像の裏を見たら、なんと通信社の相場モニタ画面があったのでした。

ページトップ