需給データ

過去5年間の世界の需給推移

2014年
供給
鉱山生産 3,180
中古金スクラップ 1,159
正味生産者ヘッジ 108
供給合計量
(1)
4,446
需要
宝飾品 2,569
工業加工用途 411
公的部門購入量 466
現物金投資 1,165
需要合計量
(2)
4,611
現物需給バランス
(3)={(1)-(2)}
-164
ETF増減
-155
その他増減
1
正味需給バランス
-10
金価格平均 ($/toz)
1,266.40
2015年
供給
鉱山生産 3,222
中古金スクラップ 1,180
正味生産者ヘッジ 21
供給合計量
(1)
4,422
需要
宝飾品 2,474
工業加工用途 376
公的部門購入量 443
現物金投資 1,172
需要合計量
(2)
4,464
現物需給バランス
(3)={(1)-(2)}
-42
ETF増減
-117
その他増減
-48
正味需給バランス
124
金価格平均 ($/toz)
1,160.06
2016年
供給
鉱山生産 3,252
中古金スクラップ 1,306
正味生産者ヘッジ 32
供給合計量
(1)
4,590
需要
宝飾品 1,962
工業加工用途 366
公的部門購入量 253
現物金投資 1,051
需要合計量
(2)
3,631
現物需給バランス
(3)={(1)-(2)}
959
ETF増減
539
その他増減
86
正味需給バランス
334
金価格平均 ($/toz)
1,250.80
2017年
供給
鉱山生産 3,259
中古金スクラップ 1,210
正味生産者ヘッジ -41
供給合計量
(1)
4,428
需要
宝飾品 2,222
工業加工用途 380
公的部門購入量 366
現物金投資 1,031
需要合計量
(2)
3,999
現物需給バランス
(3)={(1)-(2)}
429
ETF増減
177
その他増減
0
正味需給バランス
252
金価格平均 ($/toz)
1,257.15
2018年
供給
鉱山生産 3,332
中古金スクラップ 1,178
正味生産者ヘッジ -8
供給合計量
(1)
4,502
需要
宝飾品 2,129
工業加工用途 391
公的部門購入量 536
現物金投資 923
需要合計量
(2)
3,980
現物需給バランス
(3)={(1)-(2)}
522
ETF増減
59
その他増減
-21
正味需給バランス
485
金価格平均 ($/toz)
1,268.49
  • ※データ出典:トムソン・ロイターGFMS社「Gold Survey 2019」
  • ※各項目を四捨五入しているため合計と一致しない場合があります。