日本市場、暁の異変

Page2797 日本市場、暁の異変

2019年5月31日

NY市場の引け後、東京市場寄り付き前の「魔の時間帯」をトランプツイートが直撃した。

メキシコからの全輸入品に5%の追加関税を6月10日から発動。メキシコからの不法移民に対する懲罰的措置。改善されねば25%まで段階的引き上げの可能性がある。

メキシコは米国の輸入相手国としては中国に次ぎ第二位の規模。

不法移民問題も改善・解決は容易ではない。

根は深い問題ゆえNY市場の心理悪化要因となるのは必至だ。

既に時間外でダウ平均先物は200ドル前後急落している。

NYの短期筋ヘッジファンドは買いポジションを巻き戻し、新規に先物売りを仕掛ける姿勢だ。

今日のNY株式市場は大幅に下げて寄り付きそうだ。

このニュースは日本市場を直撃する展開となり、日経平均を下押し円高を誘発している。

なお、この新たな材料出現で年内利下げ観測も強まっている。特に年内2回利下げ予測が顕在化してきたことは注目に値する。6月FOMCで米中貿易摩擦に加え、メキシコとの軋轢が米国経済に及ぼす影響が議論されよう。

債券市場ではドル金利の下落傾向が加速する可能性がある。

昨日までの米国市場では殆ど想定されていなかった問題ゆえ市場は虚を突かれた。

金価格も1290ドル台へ上昇している。1300ドル突破のキッカケのひとつになるかもしれない。(kitcoグラフ参照)

3067.gif