豊島逸夫の手帖

Page2830 問題発言は修正、暗闇期間入り、金は乱高下

2019年7月22日

市場が最も注目する利下げの有無を決める7月FOMC(7月30、31日)が迫り、FOMC参加者が公的発言を一切控える「ブラックアウト=自粛期間」に入った。

パウエル議長は金融政策運営を「暗闇を手探りで歩く状況」に例えたことがあるが、市場はまさにFOMC終了まで暗闇入りしたわけだ。

しかもその直前にNY連銀ウィリアムズ総裁の問題発言を巡り市場が混乱した。

まず中央銀行リサーチ協会での講演で「異変があれば直ちにワクチン投与すべき。」と、これまでにない強い語調で利下げを示唆した。FOMC参加者の中でもNY連銀総裁は常任投票権を持つ「別格」ゆえ、0.5%利下げ確率が一気に70%にまで高まった(本欄7月19日付け「NY連銀総裁のお勧め、経済に効くワクチンとは」にて詳説)。

この市場の反応に驚いたNY連銀は、その後ウィリアムズ問題発言について「あくまでアカデミックな見解でFOMCとは無関係」と修正して火消しに動いた。

すると0.5%利下げ確率は70%から22%にまで急低下した。

高官発言で、かくも利下げ確率が急変動すること自体が市場の不安心理を煽る。ウィリアムズ発言後に早々と「7月0.5%利下げ予測」を発表した米大手金融機関などは引っ込みがつかない状況であろう。

米経済紙もNY連銀総裁問題発言直前には「雇用統計をはじめ良好な経済指標が相次ぎ、利下げ観測先走りに対する反省機運高まる」との記事を掲載していた。ところが問題発言後には一転「0.5%利下げの可能性高まる」と報じ、NY連銀修正発言後には「やはり0.25%利下げ有力」とトーンダウンした。そのたびにNY株価も一喜一憂している。NY金も1420ドルから1440ドルまで急騰後、1420ドルまで急落。行ってこいの展開に振り回されている。市場の金融政策依存症が顕著だ。

3101b.gif

トランプ大統領もこのゴタゴタに参戦。「NY連銀総裁の(修正前の)最初の発言が100%正しく、(修正後の)第二の発言より第一の発言を私は好む」とツイートしている。

7月FOMC前までには、まだ重要な住宅関連指標や4~6月期GDP速報値発表がある。その間高官発言は無い。日本時間8月1日早朝のFOMC終了後に「暗闇期間」から抜け出た市場はいきなり結果を聞くことになる。

市場では0.25%利下げが有力視されているが、そもそも利下げ確率の信頼性が薄れつつある。

果たして0.25%の利下げで米国経済がどこまで変わるのかとの懐疑論も台頭してきた。

どちらに転んでも8月相場は波乱で始まりそうだ。

ヘッジファンドのファンドマネージャーたちからは、今年ばかりは夏休み短縮止む無しとの「ぼやき」も聞こえてくる。

異例の酷暑に見舞われたNYだが、市場も8月異常気象に身構えている。

今日の写真は季節の生菓子。どれも芸術的で食べるのがもったいないほど。洋風ケーキとは全く異なる美的感覚だね。

3101a.jpg


ところでプライベートなビッグニュースは、体重が過去最大を記録したこと。高校時代から長いことボックス圏だったのが、ついに上放れた。

基本的に痩せすぎで、人間ドックのたびに身長とのバランスで最適体重からマイナス16キロ!と指摘され続けてきた。それゆえ普通の人は体重が増えて困るのだけど私に限っては朗報!しかも上がり気味の血糖値が下落傾向に転じた。たぶん運動しているからだと思う。ズボンのサイズが合わなくなりスーツを作り直し中。長い人生で初体験(笑)。

 

 

ページトップ