豊島逸夫の手帖

Page2903 トランプ氏の株価操縦術、冷やし玉も

2019年11月11日


これまで発動された追加関税の撤回について記者団から聞かれたトランプ大統領は「中国は撤回を望んでいるようだが、私は同意していない。中国側の方が我々より遥かに強く撤回を望んでいる。これは駆け引き(ディール)だ。」と答えた。
この発言が株式相場の重しになっている。ロールバック(撤回)という単語がキーワードになった。
12日にはトランプ氏がニューヨーク・エコノミッククラブで講演する予定なので、新たな発言が市場を揺らせる可能性がある。要注意だ。


かくしてトランプ大統領の一言が前言を翻す事例が相次ぎ、市場は一喜一憂する状況が続いている。市場で主導権を握った感があるが、そこには巧みなトランプ流株価操縦術が見え隠れする。
NY株価指数は新高値更新が続いているが、この調子で上がり続ければ大統領選挙予備選・党員集会が集中する2020年3月3日の「スーパーチューズデー」あたりで自律反落の「リスク」がある。トランプ氏も複雑な思いであろう。最近は株価上昇を自画自賛するコメントが目立たない。逆に、今回のように株価が上がったところで相場を冷やす発言を厭わない。市場の視線でも短期的上下動を繰り返し徐々に底値が切り上がってゆく方がより堅固な上昇トレンドが期待できる。


一方、長期金利が2%の大台に接近しているのだが、政策金利との相関が強い短期金利の上昇が相対的に鈍い。その結果長短金利差逆転現象が解消されスプレッド(金利差)はプラス圏で拡大している。金利上昇は株価にとって逆風とされるが、不況の兆しと不安視された逆イールド現象が和らいだことは株価にとってプラス材料と言える。


総じて、これまで「安全資産」として買われてきた米10年債、円、金が売られた結果VIX指数は12割れが視野に入る。一時は警戒水域とされる20を突破していたのですっかり市場の景色が変わった。金の下げも止まらない。1450ドル台に突入した。年末を控えたヘッジファンドのポジション巻き戻しも顕著だが、市場の潮目にも変化が見られる。


マーケットでは昨年12月の市場大変動の悪夢が未だに鮮明に残るので、今年はクリスマス前にはポジションを手仕舞い、年末年始を迎えるとの動きが目立つ。


今日の写真は渋野日向子プロが全英女子オープン制覇した時プレー中に食べて全世界にテレビ映像が流れた「タラタラしてんじゃね~よ」という駄菓子。材料は鱈だがとにかく辛い!(笑)。試合中に自分に喝を入れるには良いかも。相場がアゲインストになった時にも使えるかな~~。この駄菓子がシブコ効果で売れすぎて品不足というから驚くね。NHK紅白の審査員やら「スマイリング・シンデレラ」が今年の流行語大賞にノミネートとか。


3174a.jpg

ページトップ