20225

30

ESSAY

2022年は円建ての国内金小売価格が初めて1g=8000円の大台を突破して、その後も次々と史上最高値を更新する展開となり、NHKのトップニュースで扱われるほど世の中の関心を集めています。背景には米国を始めとする世界的なインフレの中で「インフレヘッジの金」が買われ、さらにロシアによるウクライナ侵攻を受けて、「有事に強い安全資産としての金」が買われている状況があります。とは言え、ニューヨークの金先物価...
20218

30

ESSAY

2021年の春以降、我々市場関係者がコロナの動向とともに注視しているのが、米国を中心に起きているインフレです。インフレとは簡単に言うなら物価が上がり過ぎることで、実際、米国の消費者物価指数(CPI)は、この5月以降5%台で推移しています。インフレは世界的な広がりを見せており、日本でも一部の物価が上昇し始めています。昭和期のバブルを経験していない30代以下の世代は、5%の物価上昇と聞いてもピンとこな...
20199

27

ESSAY

前回は「公的年金2000万円不足」以上に切実な問題として、インフレで年金の価値が大きく目減りしてしまうリスクについてお話しました。日本銀行の量的緩和政策がこのままずるずると続き、市中にばらまかれたお金が回収されなければ、10年後には日本経済は確実にインフレになります。少子高齢化が進んで人口は劇的に減るのに、お金の量だけは激増したまま、という日本の未来は異常としか言いようがありません。そこで今回は、...
20198

29

ESSAY

今最もホットな話題と言えば、7月の参議院選挙でも大きな争点となった「老後資金不足問題」ではないでしょうか。ご存じのように、これは金融庁の審議会が提出した資料で「年金だけでは老後資金が2000万円足りない」という例をたまたま引き合いに出したところ、「2000万円」という数字だけがたまたま独り歩きして、いたずらに皆さんの不安を煽る結果になったのです。そこで今回と次回は2回に渡り、国の年金問題についてお...