相場・マーケット情報

このマーケット情報では、日々のマーケット動向、海外国内の価格、需給など、市場を見る上で欠かせないデータを纏めてお伝えしています。市場を理解するために必要な用語も解説しています。

  

金・プラチナ・銀の価格

最新の金・プラチナ・銀の価格を表示しています。

----年--月--日 発表 小売価格(税込み) 買取価格(税込み) 前日比
金価格
  • 金相場・価格を詳しく見る
  • 最新の相場概況
  • 価格データ・グラフ
店頭価格--:--更新) ---円/g ---円/g ---円/g
Web価格--:--更新) ---円/g ---円/g ---円/g
プラチナ価格
  • プラチナ相場・価格を詳しく見る
  • 最新の相場概況
  • 価格データ・グラフ
店頭価格--:--更新) ---円/g ---円/g ---円/g
Web価格--:--更新) ---円/g ---円/g ---円/g
銀価格
  • 銀相場・価格を詳しく見る
  • 最新の相場概況
  • 価格データ・グラフ
店頭価格--:--更新) ---円/g ---円/g ---円/g
Web価格--:--更新) ---円/g ---円/g ---円/g

金・プラチナ・銀は相場商品です。価格の変動により、ご売却時に購入価格を下回る場合もあります。

※Web価格はオンライントレード取引での当日スポット購入、メタル交換サービス、売却に適用されます。

  •  
各種サービスのご利用はこちらから
  • オンライントレード

    ログイン[登録済みの方]
    • 利用登録
    • オンライントレードとは?
  • 店頭

    店舗情報
  • お電話

    0120-3214-39 / 受付時間:10:00~17:00(日曜・祝日除く)

4,946

4,839

+15

10:00

n

2017/08/22

3,818

3,668

+13

10:00

プラチナ

n

2017/08/22

67.60

63.51

+0.10

10:00

n

2017/08/22

4,935

4,850

+15

10:00

n

2017/08/22

3,808

3,679

+13

10:00

プラチナ

n

2017/08/22

67.44

63.67

+0.11

10:00

n

2017/08/22

貴金属マーケット相場概況2017/08/22

21日の金相場は反発。NY先物市場12月限は前営業日比5.1ドル高の1,296.7ドルで取引を終了した。取引レンジは1,286.2ドル〜1,299.7ドル。朝鮮半島での有事を想定した米国と韓国の合同軍事演習開始による地政学的リスクの高まりや米国政治リスクによる先行き不透明感を受けた逃避需要から上昇。
21日のプラチナ相場は続伸。NY先物市場10月限は前営業日比3.1ドル高の985.5ドルで取引を終了した。
21日の銀相場は反発。NY先物市場9月限は前営業日比0.015ドル高の17.015ドルで取引を終了した。米国と韓国の合同軍事演習開始による北朝鮮情勢緊迫化や米国政権運営に対する先行き不安を背景に外国為替市場でドルが軟調に推移したことから上昇。

※COMEXの限月表示について
本文中に記載されている限月表記(○○月限)は、その時点でもっとも活発に取引されている限月 (Active Month)を抽出しております。そのため、記載日によっては限月表記が異なることが ございますので、あらかじめご了承ください。

ページトップ