需給データ

過去5年間の世界の需給推移

(単位:トン) 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年
供給 鉱山生産 2,829 2,850 3,042 3,131 3,158
中古金スクラップ 1,705 1,701 1,303 1,158 1,173
正味生産者ヘッジ 18 -40 -39 104 -24
供給合計量
(1)
4,552 4,511 4,306 4,393 4,307
需要 宝飾品 2,064 2,036 2,470 2,242 2,166
工業加工用途 468 425 418 399 361
公的部門購入量 457 544 409 466 483
現物金投資 1,571 1,356 1,790 1,100 1,114
需要合計量
(2)
4,560 4,361 5,087 4,207 4,124
現物需給バランス
(3)={(1)-(2)}
-8 150 -781 186 183
ETF増減
(4)
185 279 -880 -157 -124
その他増減
(5)
-6 -10 -98 1 -48
正味需要合計量
(6)={(2)+(4)+(5)}
4,739 4,630 4,109 4,051 3,952
正味需給バランス
(1)-(6)
-187 -119 197 342 355
金価格平均 ($/toz) 1,571.52 1,668.98 1,411.23 1,266.40 1160.06
  • ※データ出典:Thomson Reuters GFMS社「ゴールドサーベイ2016」
  • ※各項目を四捨五入しているため合計と一致しない場合があります。

供給サイドの動向について

■ 2015年の供給

  • ・総供給量は、前年比-86t(-2.0%)と減り、4,307tとなった。鉱山の生産量及び中古金スクラップからの供給が増えた一方で、正味生産者ヘッジが減り、トータルで減量となった。
  • ・世界の平均産金コストは、原油価格の下落などを背景に前年比4% 減少し$1,310/toz。トータルキャッシュコスト(原価償却費、設備投資、間接費、本社費等を含まない)は、前年比5%減少し、$707/toz。 
  • ・鉱山生産は前年比+27.0t(+0.9%)と増え、産出量は3,158tとなった。7年連続記録を更新。
  • ・最大生産国は前年と変わらず中国458.1t(-20.1t)。その次にオーストラリア275.9t(+1.9t)、ロシア252.4t(+4.9)、アメリカ合衆国216.0t(+7.3t)と続く。その他トピックスとしては、カナダが南アフリカを抜き6位に浮上。
  • ・中古金スクラップ供給量は前年比+15t(+1.3%)と増え、1,173tとなった。
  • ・2010年以降続いていた下落基調から、僅かながら上昇に転じた。自国通貨建て金貨価格が上昇した国からの供給増などが背景。
  • ・生産者のヘッジフローは、24tの買い越しとなった。

需要サイドの動向について

■ 2015年の需要

  • ・総需要量は前年比-83t(-2.0%)と減り、4,124tとなった。公的部門の購入と現物金投資が増加した一方、宝飾用需要と工業用需要が減少し、トータルで減量となった。
  • ・宝飾品需要は前年比-76t(-3.4%)と減り、2,166tとなった。インドは前年比7%ほど上昇したが、中国は前年比約10%減と2年続けて大幅な落ち込みを記録した。またその他地域で、ドル高を背景とした自国通貨安による自国通貨建て価格の上昇などが圧迫材料となり大幅な落ち込みが見られた。
  • ・工業加工用途は前年比-38t(-9.5%)と減り、361tとなった。エレクトロニクス部門における安価な代替金属への移行などを主因に減少した。
  • ・公的部門の購入量は、前年比+17t(+3.6%)と増え、483tとなった。各中央銀行の外貨準備高の多様化や、地政学的リスクの高まりを背景に購入量が増え、金本位制終了以降、2番目に多い数量を記録した。中国の人民元がSDRの構成通貨に採用されたことを受け、同国の金準備保有高が公表され、同国が大量購入していることが明らかとなった。
  • ・現物金投資は、前年比+14t(+1.3%)と増え、1,114tとなった。
  • ・現物金地金投資、すべてのコイン、ETFの在庫構築などを含む確認可能な投資需要は5%ほど増加した。年末に向けドル建て金価格が1,100ドルを下回るなど、価格下落が個人投資家の需要を喚起したことなどが背景。

ページトップ