20189

27

ESSAY

「お金を有意義に使う」

松浦 弥太郎
Yataro Matsuura
みなさま、こんにちは。前回は、貯金の仕方をお話しました。そうです。毎月コツコツと貯金をすれば、お金は必ず貯まるんです。そこで、まずは貯金額300万円を一区切りにしてみてはいかがでしょうか。すでにもう貯まっている方もいるでしょうし、もう少しで届く人もいるでしょう。ゼロから貯金をはじめても良いのです。貯金額300万円は遠いようですが、頑張れば無理ではない額です。そしてまた300万円という額は、貯金の楽...
20187

30

HOW TO

人生100年の間には、良いこともあれば悪いこともあるでしょう。様々なリスクに対応できる対策を準備しておきましょう──。「人生100年時代の資産運用」と題して、前編では「収入は3つの「資金」に分けよう」という考え方を紹介しました。20年単位で人生を見つめ直し、20〜40歳と、40〜60歳というフェーズでの資産運用の考え方を説明しました。3つの資金とは「生活防衛資金」「準備資金」「投資用資金」でしたね...
20185

30

HOW TO

「人生100年時代」が到来しようとしています。楽しく生きるためには、お金の心配はしたくないものです。著書『人は一生に四回生まれ変わる』(知的生きかた文庫)を1993年に上梓したのは、一刀斎の異名をもつ数学者・森毅さんでした。森さんはこの本で、20年単位で人生を見つめ直すことを説き、最後の20年の60〜80歳は「人生の終わりに向かう20年」としていました。2018年のいま、「人生100年時代」という...
20181

31

HOW TO

子どもにかかるお金を考えるとき、話題になるのは「教育費」です。でも、食費やおもちゃ代など、教育以外のすべての費用をまとめた「養育費」は、総額でいくらくらいになるのでしょうか? 「子どもが生まれたら考えておきたいお金のこと」をテーマに、前後編で子育てと教育に関する費用を解説していきます。前編では、大学卒業までにかかる教育費と習いごとの費用、大学以上の高等教育の費用をお伝えしました。後編とな...
201712

25

HOW TO

子どもが一人前になるまでの総額は、諸説が入り乱れています。ここでおおよその額だけでもしっかりと把握しておきましょう。子どもひとりあたりにかかる教育費は、大学卒業までにおおよそ2000万円。そう聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?実際、子育てにはどれくらいのお金がかかるのでしょう?いつまでに、いくら用意しておけばいいのでしょうか?ここでは日々の仕事と家事でゆっくりと考える時間がない方のため...