トップページ金投資をはじめよう!資産運用・投資信託を金投資ではじめよう

> 金はどこで購入できる?金の購入方法まとめ

資産運用・投資信託を金投資ではじめよう

金はどこで購入できる?金の購入方法まとめ

金はどこで購入できる?金の購入方法まとめ

世界共通の資産として人気の金ですが、金はどこで購入することができるのでしょうか? 今回は純金積立や金地金(インゴット)・金貨などさまざまな金の購入方法をご紹介します。

最も簡単な金の購入方法は金貨の購入

金の購入方法で最も簡単なのは貴金属店で金貨を購入することです。店舗に足を運ぶだけで、面倒な手続きもなくお金を払えばその場で買うことができます。ただし一般の貴金属店で購入する場合は、その金貨が本物であるかどうかを見極めなくてはいけません。信頼できないお店で偽物を購入してしまうと投資資金が無駄になってしまいます。

金貨には特別なデザインが施されているため、その小売価格にはプレミアムと呼ばれる製造費、輸送費などの諸経費が含まれていることから金地金の小売価格より割高になっています。金貨にはさまざまなデザインや大きさがあり、予算に合ったものを選ぶことができるというメリットがあります。なかでも西オーストラリア州政府公営・パース造幣局発行のカンガルー金貨は、愛くるしいカンガルーのデザインが毎年変わることで人気を博しています。

なお、売却時には汚れや傷があるとプレミアムが無い「地金再生価格」になってしまうので、購入後の取り扱いには注意が必要です。

直営店や電話で購入できる金地金(インゴット)

金そのものを購入する別の方法に、金地金(インゴット)を購入する方法があります。金地金(インゴット)は、貴金属メーカーや地金商が自社ブランドとして製造・販売しており、直営の店舗や電話で購入できます。直営店ならその品質は保証されているので安心して購入することができます。金地金(インゴット)の重さにはさまざまな種類がありますが、金貨と違って500g未満の売買にはバーチャージと呼ばれる手数料がかかります。

金ETF(上場投資信託)で購入する

金そのものを購入するのではなく、金ETF(上場投資信託)を購入する方法もあります。金ETF(上場投資信託)は運用の成果が金価格の動きに連動するように設定された投資信託で、証券会社などが窓口になって取り扱われています。取引所に上場しているため株式のように売買することができます。また盗難のリスクもありません。ただし、金の現物とは交換できない金ETF(上場投資信託)もあります。

純金積立で購入する

純金積立で金を購入する方法もあります。貴金属メーカー、地金商、証券会社や銀行などが取り扱っています。基本的な仕組みとして、毎月の積立金額を営業日数で割った1営業日あたりの金額により、営業日毎に自動的に金地金を買い付けていく方法(ドルコスト平均法)が採用されています。毎月の積立金額は3,000円以上1,000円単位が一般的です。このため毎月ご自身の予算に合った分だけ積立をする預貯金感覚で購入することができます。もちろん盗難のリスクもありません。

低リスクで購入するなら純金積立

金購入の代表的な方法は、金地金(インゴット)や金貨といった現物を店舗で購入することですが、手元に現物を置いておくということは、盗難のリスクがあります。金現物を購入でき、盗難のリスクもなく、毎月少しずつ積み立てられ価格変動リスクを回避できる純金積立が金の購入方法としては安全で手軽だと言えるのではないでしょうか。

次回は、純金積立のメリット・デメリットについてご紹介します。金投資をはじめようと思ったならぜひ参考にして下さい。

※投資商品としての特徴については「純金積立・金ETF・金地金...おすすめの金投資方法はどれ?」 にてまとめておりますのでご覧ください。

※本記事の内容は記事公開時(2016年10月)の情報です。

[マイ・ゴールドパートナー]は、金・プラチナ・銀の積立購入、引出しや金貨への交換など、様々なサービスをご利用いただけます。また、Web、電話、店頭でいつでも手軽にお取引いただける便利で安心なサービスです。さらに、インターネット取引「オンライントレード」では、お取引や各種照会がパソコンやスマートフォン上で簡単に行える便利でお得なサービスです。

資料請求 マイ・ゴールドパートナーとは?