個人番号(マイナンバー)について

「個人番号(マイナンバー)記載書類」とはどういうものですか?

「個人番号(マイナンバー)記載書類」とは、番号法で「マイナンバーカード」または「通知カード」、およびこれらに代わるものとして個人番号(マイナンバー)記載のある「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」と規定されております。「個人番号(マイナンバー)記載書類」提出時には、個人番号(マイナンバー)記載事項の確認書類として、別途、本人確認書類のご提出が必要となります。

「個人番号(マイナンバー)記載書類」を提示する人が番号の正しい持ち主であることを確認するための書類は何ですか?

(1)「個人番号(マイナンバー)記載書類」が「マイナンバーカード」の場合は、顔写真のある表面が本人確認書類として有効です。

(2)「個人番号(マイナンバー)記載書類」が「通知カード」または個人番号(マイナンバー)記載のある「住民票の写し」、「住民票記載事項証明書」の場合は、本人確認書類として、顔写真付きの書類は1点、顔写真のない書類は2点、以下のうちいずれかが有効です。(有効期間内又は発行年月日が6か月以内のもの)
①本人の顔写真付きの書類:運転免許証、運転経歴証明書、旅券、身体障害者手帳、在留カード、特別永住者証明書、住民基本台帳カード等
②本人の顔写真のない書類2点:国民健康保険証、健康保険証、後期高齢者医療保険被保険者証、介護保険被保険者証、国家公務員共済組合員証、地方公務員共済組合員証、私立学校教職員共済制度加入者証、国民年金手帳、住民基本台帳カード、印鑑登録証明書、戸籍謄本、戸籍抄本、住民票の写し、住民票記載事項証明書、母子手帳等

*あくまでもこの本人確認書類は、個人番号(マイナンバー)の記載内容(提供する方が個人番号(マイナンバー)の正しい持ち主であること)の確認のためのものであり、弊社の取引時の本人確認書類とは異なります。

なぜ、「個人番号(マイナンバー)記載書類」を提出しなければいけないのですか?

マイナンバー制度導入に伴う所得税法の改正により、2016年1月以降、200万円を超える金・プラチナ・金貨・プラチナ貨をご売却または金・プラチナ・銀積立「マイ・ゴールドパートナー」の交換(金貨交換・ジュエリー交換・メタル交換)をされる場合、支払調書への個人番号(マイナンバー)記入が義務付けられました。これにより、支払者への「個人番号(マイナンバー)記載書類」の提出が義務付けられています。ただし、弊社ではプラチナ貨は取り扱っておりません。

「所得税第224条の6、所得税法施工令第350条の8第1項、第350条の9第1項」をご参照ください。

支払調書とは

「個人番号(マイナンバー)記載書類」はどのようにして提出すれば良いのですか?

200万円超の金・プラチナ・金貨をご売却または金・プラチナ・銀積立「マイ・ゴールドパートナー」の交換(金貨交換・ジュエリー交換・メタル交換)をされた場合、後日お客様宛に「個人番号(マイナンバー)記載書類」ご提出のご案内一式(登録用紙と返信用封筒)をお送りしますので、登録用紙に該当書類のコピー(住民票は写し)を貼付して、同封の返信用封筒にてご返送ください。

金・プラチナ・銀積立「マイ・ゴールドパートナー」で積み立てた金やプラチナ、銀を金貨、ジュエリーや他のメタルに交換する場合も「個人番号(マイナンバー)記載書類」の提出が必要ですか?

はい、2016年1月以降、200万円を超える金およびプラチナを金貨、ジュエリーや他のメタルに交換する場合も提出をお願いしております。交換元が銀の場合は不要です。
個人番号(マイナンバー)が未登録の会員様にはご提出をお願い申し上げます。 交換後、「個人番号(マイナンバー)記載書類」ご提出のご案内一式(登録用紙と返信用封筒)をお送りしますので、ご返送ください。

200万円超の金地金、プラチナ地金、金貨の売却または交換の予定が無い場合でも提出しなくてはいけないのですか?

いいえ、不要です。200万円を超える金地金、プラチナ地金、金貨のご売却または交換時に提出してください。

個人番号(マイナンバー)は支払調書作成以外に使用されますか?

いいえ、弊社ではご提出いただいた「個人番号(マイナンバー)」を、支払調書作成事務以外の目的で使用することはありません。

ページトップ