豊島逸夫の手帖

  1. TOP
  2. 豊島逸夫の手帖

金の第一人者として知られる国際金融アナリスト豊島逸夫氏のブログを掲載します。
なお、本ブログの内容は豊島逸夫氏ご本人の個人的見解であることをご了解の上、閲覧ください。

豊島逸夫氏のプロフィール

豊島逸夫氏近影
豊島逸夫事務所代表。
1948年、東京都生まれ。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、スイス銀行で外国為替貴金属ディーラーとして活躍。2011年9月までワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の日本代表を務める。独立後はチューリッヒやニューヨークでの豊富な相場体験と人脈をもとに、自由な立場から金市場や国際金融、マクロ経済動向について情報発信を行うとともに、“金の国内第一人者”として金投資の普及に尽力。投資の初心者にも分かりやすいトークや文章にファンも多い。得意分野はスキー系、鮨スイーツ系、温泉系。

最新記事

日経平均、投機主導の4万円接近、危険ゾーン入り

2024年3月1日今日の投資の世界の圧倒的話題は日経平均4万円台に乗せるか。大引けまで見守ったが、結局90円届かず。旬の日本株がここまでくると、バリュエーションに照らしてもいっぱいいっぱいという意味でstrechedという単語がNY市場では頻繁に聞かれる。ポートフォリオ運用のまともなファンドは様子見に徹するスタンスが目立つ。対して目がギラギラで日本株市場は草刈り場と言って憚らないのがCTA(コモデ...
  • 続きを読む

今晩29日に米国PCEインフレ率発表

2024年2月29日 FRBの動きがまた微妙になっている。 28日にはFOMC副議長格のNY連銀ウィリアムズ総裁が「2%ターゲット達成まで、まだ相当の距離がある」と語った。最近の他の地区連銀総裁も利下げは「年の半ば以降=later this year」という同じ表現を使っている。市場も今回はFRB側の予測に屈した形で予想利下げ回数も年初の6回から3回にまで減っている。そうなると年の前半はドル金利高...
  • 続きを読む

ハイテクの女王、5ドルで買ったエヌビディア株を売却

2024年2月28日 ウォール街ではエヌビディア株に関する様々なエピソード流れる。 その中でも特に印象深いのは「ハイテク株の女王」の異名を持つキャシー・ウッド氏が、昨年から今月に至るまでの期間に保有エヌビディア株を一貫して売り続けていることだ。同社株の「調整」は近いと語る。 そもそも同氏は2014年にエヌビディアの成長性を見抜き、約5ドルで購入していたという(現在は787ドル!)。 同氏は一般論と...
  • 続きを読む

朝日新聞寄稿文

2024年2月27日 今朝の朝日新聞朝刊に載った寄稿文の原文。 金価格が海外でも国内でも歴史的高値圏にあります。振り返れば、1999年には250ドル、国内では900円台の最安値をつけていました。それが、今や、海外で2000ドル前後、国内では1万円程度の価格水準が常態化しています。そうなると、こんな高値から買い始めてよいものか。既に純金積立を始めているひとからは、ここで一旦利益確定のため解約しておく...
  • 続きを読む

今日も日経平均最高値更新の話

2024年2月26日 連休中にNY勢とリモートで話したが、次から次へ日本株に関する質問を受けた。参加者も多く、話題も幅広く、現在の日本人のライフスタイルの話にまで及んだ。大半がこれまで日本株に見向きもしなかった人ゆえこの豹変ぶりにはただただ驚くばかり。現地経済メディアが大きく報道したことが効いている。「ジャーナルで読んだよ」。日本人ビジネスマンが「今朝の日経のあの記事を読んだ?」と話すように、NY...
  • 続きを読む

エヌビディア祭り

2024年2月22日 日経平均が史上最高値を付けた今日は早朝午前6時(米国時間で株式市場の大引け)からエヌビディア社の決算報告に聞き入っていた。結果は想定を上回る好決算。これは今日にもいよいよ日経平均最高値突破となるなと感じて、取りあえずその旨を@jefftoshimaでツイートした。 結果的には39000円の大台を超えて東京の株式市場は引けた。一言で言ってAIか半導体関連なら何でも買われる地合い...
  • 続きを読む

災害と金

2024年2月21日 以下は過日、読売新聞への寄稿文の原文です。 能登地震をキッカケに、大地震のような破壊的ショックに対して金地金は耐えられるのか、という質問が増えています。結論から言うと、耐えられるのです。大地震ではありませんが、実例があります。 2001年9月11日に起きたNY同時多発テロ事件です。110階建てのワールド・トレード・センタービルに、大型飛行機が突入して、超高層ビルが崩壊した、あ...
  • 続きを読む

今、日本株買うなら金ヘッジは必須

2024年2月19日 メディアで大きく報道されているので、日経平均最高値付けるかという話題はもう飽きた(笑)。 今年の1月4日大発会での日経平均は3万3288円。それが2月半ばで史上最高値3万8915円に迫る価格水準まで暴騰。短期的には明らかにスピード違反。 問題はこの暴騰で大儲けしたのは専ら外国人投資家或いは投機家たちであること。日本人個人は高値恐怖症で殆ど買えていない。そこで敢えて日経平均4万...
  • 続きを読む

日本人が日本株を買えば、日経平均4万円時代も

2024年2月16日 今日の東京市場は日経平均祭り。史上最高値3万8915円(1989年12月29日大納会)に、あと50円のところまで上昇。しかし、その後反落した。いずれにせよ、来週史上最高値更新は時間の問題。 そこで今日の仕事は専ら日本株。以下の原稿を日経電子版コラムに書いた。「最も読まれたコラム第二位」。結局、今回も日本人投資家は呆気に取られて見守るだけ。外国人投資家がおいしいところをさらって...
  • 続きを読む

潮目の変化

2024年2月15日 金価格が2000ドルを割り込んだ理由として、ひとつ気になることは2月に入って米経済統計の好転が相次いでいることだ。雇用統計の新規就業者数が30万人を超えた。ISM製造業景況感指数も非製造業も良い数字が並ぶ。そして10-12月GDPが年率3%超え。CPIも上振れした。 こうなると早期利下げ論は後退する。逆に利上げ論すら噴出しかねない。既にドル金利は上昇傾向が顕著だ。その結果ドル...
  • 続きを読む