豊島逸夫の手帖

  1. TOP
  2. 豊島逸夫の手帖

金の第一人者として知られる国際金融アナリスト豊島逸夫氏のブログを掲載します。
なお、本ブログの内容は豊島逸夫氏ご本人の個人的見解であることをご了解の上、閲覧ください。

豊島逸夫氏のプロフィール

豊島逸夫氏近影
豊島逸夫事務所代表。
1948年、東京都生まれ。一橋大学経済学部卒(国際経済専攻)。三菱銀行(現三菱UFJ銀行)を経て、スイス銀行で外国為替貴金属ディーラーとして活躍。2011年9月までワールド・ゴールド・カウンシル(WGC)の日本代表を務める。独立後はチューリッヒやニューヨークでの豊富な相場体験と人脈をもとに、自由な立場から金市場や国際金融、マクロ経済動向について情報発信を行うとともに、“金の国内第一人者”として金投資の普及に尽力。投資の初心者にも分かりやすいトークや文章にファンも多い。得意分野はスキー系、鮨スイーツ系、温泉系。

最新記事

NY金、頭打ちの可能性

2024年5月24日まず、筆者の名前が最近報道されている「SNS詐欺」に使われているとの情報が入り、3日ほど当方からの情報発信を止め、実態を専門家が調査している(筆者が突然登場して「金をバーゲン価格で買えますよ」などというバカげたことは絶対にあり得ないが、広い世の中には信じてしまう人もいるということか)。今後も調査は継続する。情報発信を再開する。さて、NY金はFRBの早期利下げ観測が大幅に後退した...
  • 続きを読む

NY金、2300ドル値固め終えて、2400ドル台へ

2024年5月20日 本欄では一貫して2300ドル台の値固め期と書いてきたが、どうやらそれを終えて2400ドル台を試し始めた。 直接的理由は米利下げが年内2回程度は見込まれるとの観測。あくまで観測に過ぎず、今後利下げ無しに変わる可能性はある。全ては今後の雇用統計やCPIなどの重要経済指標次第。 加えて先週金曜日に中国政府が1兆人民元もの20年債と50年債を発行。不動産セクターと地方政府セクターの救...
  • 続きを読む

NY金(6月限)一時2400ドル突破

2024年5月16日 注目のCPI(米消費者物価上昇率)は久しぶりにインフレ鈍化を示し、FRB年内利下げ見通しが復活した。これは金には追い風。 以下、米CPIについての詳説。 5月14日には「1~3月のインフレ指標上振れにより、物価目標2%達成に自信が持てない」とアムステルダムで語っていたパウエル議長も、4月CPI鈍化が確認され取りあえず安堵しているであろう。とは言え同氏は常々「最も恐れるのは国民...
  • 続きを読む

プラチナは厄介者扱い

2024年5月15日 プラチナ価格が急騰していることが話題になっている。久しぶりの1000ドル台。と言ってもこのKITCO「プラチナ5年グラフ」で見ると900~1100ドル程度のレンジで推移している。業界発の需給データで供給不足とされるが、中立的なデータではないことは考慮する必要がある。 それから資源大手の英アングロ・アメリカンは14日にプラチナ事業やダイヤモンド事業を分離すると発表した。同社には...
  • 続きを読む

明日はCPI、円は158円に振れるか

2024年5月14日 NYのヘッジファンドなど投機筋と突っ込んだ会話をしていると、消費者物価上昇率(コア)が下がらず、前月並み或いは上振れとの見方が目立つ。それゆえドル円のポジションも概ね158円程度を視野に置いている。 その理由は、キーワードで言えば「ラグ」。 そもそも消費者物価上昇率の1/3前後は住宅コストだ。しかし家賃は下方硬直性が強い。パウエル議長も前回の記者会見で語っていたことだが、家賃...
  • 続きを読む

あおぞら銀行、大和証券から出資受け入れ

2024年5月13日 本稿執筆時13日午後4時、ブルームバーグとNHKが「あおぞら銀行が大和証券グループから500億円の出資を受ける」と報道。日経は報じていないので抜かれたのかな。 あおぞら銀行は米国商業用不動産という脆弱なセクターに融資を広げて昨年度15年ぶりの赤字に転じていた。オフィスビルなどの商業用不動産は米国の銀行でも火種として問題視されている。特に米国の地銀の経営を揺らすことになろう。 ...
  • 続きを読む

NY金、2360ドルまで上昇

2024年5月10日 2300ドル台の値固めも順調に進んで、2360ドル台(NY金、中心限月6月もの)まで上がってきた。年内利下げの可能性が強まると金は買われ、利下げ観測が遠のくと金は売られる。 さて、中国の金の爆買いが話題になっているが、中国人の金買いにはふたつのパターンがある。まず、文化的金選好度が高いことによる人民の金地金、金製品(現物)買い。これは四半期ごとの需給統計で明らかになることで、...
  • 続きを読む

衝撃のニュース!マガーリ、米沢へ移転!

2024年5月9日 私のご贔屓のイタリアンでブログにもしばしば登場したことによりブログ読者の来店も絶えなかったというマガーリ@自由が丘が、山形県米沢市にお引越しという衝撃の発表。8月12日で自由が丘店は閉店だって。 マダムもシェフも鮮度の高い食材が豊かなところで新たな独自のイタリアンの道を極めたいとの思いは以前から持っていた。寂しくなるけど新境地で新たな店作りを始めるという決断だ。 たまたま私は第...
  • 続きを読む

8兆円で155円、為替介入の厳しい現実

2024年5月8日 年初には考えられなかった展開だ。5月GWに推定8兆円規模の為替介入が実施され、その結果は現時点で155円。介入なければ165円まで超円安が進行したかもしれない。 振り返れば2024年為替予測は年末までに7回の利下げを織り込み、日米金利差は縮小して、いずれ130円台~140円台の「円高」に振れるはずであった。 日経マネーでの筆者の予測も145円~155円。「凄い円安説ですね」と言...
  • 続きを読む

国内金価格は「介入」次第

2024年5月7日 連休中のNY金は2300ドル台の値固めが続き、円建て金価格は円相場=為替介入次第で大きく動いた。1週間で8円も円相場が振れることはそうそうあることではない。 日本の通貨当局の介入余力は未だ残っているものの無制限に続けられる話でもない。取りあえず154円台で推移しているが、これが155円を再突破すれば介入第三波が来ても不思議ではない。その場合は152円程度まで円高に振れよう。とは...
  • 続きを読む