豊島逸夫の手帖

Page893 PIGS can fly 子豚ちゃんだって飛べるさ

2010年7月14日

昨晩のマーケットは、ユーロの対ドルレートがポルトガル格下げの報で1.25まで急落するかと思えば、ギリシア国債好調の報で1.27まで急騰。ユーロペシミズム(悲観論)とユーロオプティミズム(楽観論)に割れてきた。

通貨市場を見るに、ユーロを積極的に売りたい人、ユーロ売りから撤退(手仕舞い)している人、ユーロを積極的に買っている人、そしてドルを積極的に売っている人(結果的にユーロを買っている人)が共存している。

指標となるシカゴ通貨先物市場(IMM)の投機筋のユーロ先物ポジションの推移を見てみよう。

年月日  ユーロドルレート  ユーロ買い  ユーロ売り  売り越し残高 
10/05/18  1.2566  54,411  161,554  -107,143 
10/05/25  1.2365  45,630  152,366  -106,736 
10/06/01  1.2225  45,006  138,331  -93,325 
10/06/08  1.2097  45,938  157,883  -111,945 
10/06/15  1.2382  49,526  111,886  -62,360 
10/06/22  1.2369  41,013  111,987  -70,974 
10/06/29  1.2549  43,357  117,027  -73,670 
10/07/06  1.2641  56,316  95,225  -38,909 

893.gif

ユーロ売りポジションが膨れ上がったところで急速に縮み、ユーロ買いポジションが徐々に増加している。ユーロ売りとユーロ買いの差は依然売り越し基調であるが その量は減少してきた。昨晩のユーロの動きも、この流れの延長線上にある。

こういうマーケットの潮流に、いち早く乗っているのがチャイナマネー。いまだにユーロ売りを続けているのがジャパンマネー。

中国の国家外為管理局は、先週、スペインの10年債入札に1000億円近くビッド入れて、結果400億円相当引き受けたとのこと。

一方、日経朝刊一面記事「日本の資金 ユーロ離れ」は、「6月に入ってユーロ不安が一服してからもユーロ資産売却は続いており、構造的な資産配分の見直しにつながる可能性もある。」

虫の目で見れば、IMM投機筋の売りポジションが軽くなったところで、新たなユーロ売りの波が出やすい地合いではある。しかしねぇ~~~、う~ん~~~、どうなんだろうなぁ~~~、生保や年金内部の稟議書に書けば、ユーロ資産圧縮が一番通りやすいのだろうけど、ジャパンマネーの過去の行状を見るに、(直感なんだけど) 魚の目で見れば、安値で慌てて手放す展開になっているような気がする。ジャパンマネーはreverse indicator (反面教師)という欧米勢の期待に答えているような感じ。

筆者も、引き続きユーロに対しては悲観論なのだけれど、それ以上にドルに対しても悲観論なのだよね。一方的なユーロ安相場の継続という展開は考えにくい。ドル安の結果としてのユーロ高に振れてもおかしくない。そもそも円だって買われる地合いなのだから。

スペインのワールドカップ制覇の報で、PIGSも自信を取り戻しているというFT記事で、PIGS can fly と書いてあって思わず噴き出してしまったけど...。

昨晩の金価格を虫の目で見れば、ユーロ安に振れても、ユーロ高に振れても、買われた。

ページトップ